« ハイありがとうございましたー | トップページ | さよならジャンボ 747-400の勇姿を目に焼き付ける・・・ツアー発売 »

2010年10月31日 (日)

羽田が国際化して・・・

早速JALとANAが激しいバトルを繰り広げたそうです。つ日刊スポーツ

なんとまぁ一番機の争い!幼稚だーなんて言ってられるのは素人さんだけでしょう。ええ。
歴史に残る羽田再国際化。その一番機の座を争ってJL2-サンフランシスコ行き(KSFO/SFO)とNH1006ロスアンゼルス行き(KLAX/LAX)が真っ向勝負。

Twitterでも一部の方々がワッチして情報が入ってましたが、JALはプライドを懸けて定刻よりかなり早めの前日30日11時42分にプッシュバック!あれよあれよと転がって翌31日0時4分に離陸したそうで・・・うーん、流石は"世界一定刻に飛行機を飛ばす会社"と言ったトコロでしょうか。
JAL党員である私としても嬉しい限り。GA(地上係員)さんもパイロットもCAさんも相当プレッシャー掛かってたことでしょうに。多分本社からもちょっとはあったとは思いますが・・・^^;
一方のJL041パリ・シャルルドゴール行き(LFPG/CDG)はいざ知らず、1時30分頃にのんびり飛んで行ったそうです。とあるツアーが非常に羨ましいけど・・・ねぇJALパックさん?

何が面白いかってこのコミカルな記事の書き方もありますね。ええ。日刊スポーツ恐るべし( `・ω・')

とりあえず、今後順次就航するであろうハワイアン航空はじめ、各航空会社には期待したいトコロ。デルタとかB44らしいしね。

では。

|
|

« ハイありがとうございましたー | トップページ | さよならジャンボ 747-400の勇姿を目に焼き付ける・・・ツアー発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイありがとうございましたー | トップページ | さよならジャンボ 747-400の勇姿を目に焼き付ける・・・ツアー発売 »