« 21年分の"ありがとう"~石神井公園駅下り線高架化 | トップページ | 9000三昧! »

2011年4月17日 (日)

そして未来へ~石神井公園駅下り線 高架化

終電車から3時間、結局寝るに寝られずのそのそと石神井公園駅へ。
4時頃に家を出て入場できたものの、もう先客が・・・前回は10分前まで入場出来なかったのに。。(◞‸◟)
なんだかんだで20分近く待って上り初電が来ても下りは来ず、上り2本目が来ても・・・で、4時50分ちょっとになってやっと到着。
1
32102F+38104F"池袋線 だぶるーと"HM付 試運転
なんと来たのはだぶるーとヘッドマークの32012F+38104F!
偶然の産物でしょうが、試運転にネタ編成充当してくれるとかなかなかやってくれますね西武さん。
乗務員室窓から顔出して停止位置を合わせるという、あまり見ない停車をしてから約10分停車。まぁ最初ですからね、各ドアの乗車目標とか付けないとダメでしょうし・・・

2
そして発車。
試運転と分かる角度でゆっくりと流し。
かなり明るくなりましたが、こうしてみるとカッコいいですねぇ。

3
3003F 各停
続いて下り初電、車両は3000系3003F。
これも3ドアをあえて狙ったの・・・かな?写真からも分かるように試運転同様、首突き出して停めています^^;

これで一旦撤収、深い深い眠りに。
昼食を食べに行くついでに詳しく撮ってきました。
4
石神井公園駅(高架化後) コンコース
一気にこんなに綺麗なものになりました。
まだ奥の方は仮っぽい壁がありますが、開放的で明るいデザインです。
因みに後から気付いたんですが、下りが明るい茶色、上りが濃い茶色と、エスカレーター横の木目調で色分けがされているそうです。これを自然の色でやるのもまた石神井公園ならではの工夫ですね。

5
南北通路の上には昨日まで使われていたホームの屋根が。
たった4時間足らずで仮設ホームを一気に撤去するのもなかなかのもの。素早い作業が必要なはずです。
まだ残されていた屋根にはつばめの巣が・・・これから撤去されると思うと、どことなく寂しい風景。

6
北口/南口の旧切符売り場と駅事務室も一気に閉鎖。
北口側は区画ごと閉鎖されたので状況は分かりませんが、南口は板で堂々の閉鎖。
別に残しても良いんじゃないかとは思いますが・・・いろいろとこれから先の進展に問題があるんでしょう。
昔ながらのボタン式券売機も消滅してしまいました。残念・・・


そんなこんなで無事に下り線の高架化も完了、石神井公園駅はその歴史に一つの区切りを付け、新たな一歩を踏み出しました。
これから東横・みなとみらい線直通で重要なポイントにもなるであろう同駅の発展が非常に楽しみであります。
線形からしてあと一本の線路を敷くのみなのであまり時間は掛からなさそうですが、気になるのは高架下の用地。これらがどう活用されるのかも見逃せません。

では。

|
|

« 21年分の"ありがとう"~石神井公園駅下り線高架化 | トップページ | 9000三昧! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 21年分の"ありがとう"~石神井公園駅下り線高架化 | トップページ | 9000三昧! »