« 掘り出し物あれこれ | トップページ | 夏の記録から »

2011年11月 7日 (月)

改善の予兆

最近頻繁に地下に行っては試運転を繰り返しているという6115F。
試運転も毎日やっているワケじゃないんですが、そんな日は必ず地上優等運用に充当するか小手指で寝てるか・・・
今のところ、地下にはどうしても営業で入れたくないそうです。

1
6015号車での撮影。
モニタ下のテプラに気になるモノが。
前々から噂になっていた話、この6115FはATO/TASCの停止(停車制動)精度向上対策試験車になっているそうです。

副都心線開業時には度々停止位置を行き過ぎて修正、有楽町線のホームドア設置時には修正こそなくなったものの毎度の如く衝撃のある停車。
そんな悪いレッテルを貼られていた西武6000系、これで東横直通時までには改善されるでしょうか。ってか、99M試運転ってどのスジなんだよう・・・

|
|

« 掘り出し物あれこれ | トップページ | 夏の記録から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 掘り出し物あれこれ | トップページ | 夏の記録から »