« NEW手帳 | トップページ | The last of "Deya"? »

2012年1月17日 (火)

【停止精度向上対策】続・6115F【あれからどうなった?】

以前記事にした、6115Fで云々やっている停止精度向上対策試験。
今まで地上運用がメインだったものが数日前に地下直32M運用に入っているのを確認、おっと思っている矢先に38M運用で乗車。
気になるのはやっぱり試験していたという停止位置と駅停車時の衝動。有楽町線池袋で検証してみることに。
2
02M:6110F Y線池袋A線停止位置
センターをちょっと越えてるのはまぁ許容範囲でしょう。大体いつも通りの停止位置。
最近はやっと停止位置修正も少なくなってきたとかで、安定してきたイメージがあります。

1
38M運用:6115F Y池袋A線停止位置
・・・・・変わらねー。
まぁそもそも劇的な変化は期待してなかったものの、それでも前寄りに止まるとは・・・
ガッコン停車は相変わらずでした。昼間の閑散時間帯はまだしも、ラッシュ時はやっぱり辛いもの。
むぅ。確かにちょっとは改善されたものの、折角ならもっと根本的な改善をして欲しかったところ。特にガッコン停車はメトロ車どころか東武車も殆ど発生していないだけあって、残るは西武車のみと言ったところでしょうか。

聞いたところによれば、停車制動中にブレーキが回生から空制に切り替わる→TASCの計算が狂う(減速度が違うから?)→結果的に強いブレーキのまま止まるようになってしまう、とかなんとか。最初から空制切り替え後のブレーキ力も計算に含めれば良い話なんでしょうが、技術的にはどうなんでしょう。確かに空制は回生に比べれば弱くなるものの、最初から計算が出来ないほど変化があるものなんでしょうか。

東横直通までにどうにかなるのを期待したいもの。スマイルビジョン取り付けついでにやると言っていた車内更新もなんだかんだでやってないし・・・
では~。

|
|

« NEW手帳 | トップページ | The last of "Deya"? »

コメント

全電気ブレーキ化すればこんな問題発生しないのにね( ^ω^ )
まぁGTOインバータじゃムリかw

投稿: 東京遊歩人 | 2012年2月 1日 (水) 22時19分

公開&お返事が遅れてしまい、大変申し訳ございません・・・
VVVFで東急からの条件をクリアしたかと思ったらこの有様ですからね・・・^^;
(メトロ)10000並みの乗り心地になってくれることを期待しますw

投稿: えあぽーと急行(管理人) | 2012年4月 6日 (金) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NEW手帳 | トップページ | The last of "Deya"? »