« 【停止精度向上対策】続・6115F【あれからどうなった?】 | トップページ | 狭山線 281F+285F »

2012年1月31日 (火)

The last of "Deya"?

新型総合検測車、TOQ-iが発表されてから数カ月。
いよいよ最後の通称"デヤ検"が行われるとのことで、重い腰を上げて行ってきました。

1_2
22運行 9001F
呑気に通過30分前になって現れれば、当然場所も限られてる訳で・・・
色々アングルを試行錯誤しているうちに9001Fが。いい感じで一枚頂きました。

2
03運行 9010F
次いで9010Fも。帯の退色こそ激しいものの、嬉しい特急運用。
左の木がちょっと気になるけども、まぁ許容と言ったところでしょうか。なかなかいいアングルで撮れるし、今度個人的に来ようかな・・・

3
デヤ検側運行 7200F
本番。長さ的には2.7両であるが故、ちょっと日の丸気味・・・?
でもそこそこ良い感じに決まったのかな。

4
デヤ検側運行 7200F
連れられるがままに白楽~妙蓮寺へ。
背景がちょっと五月蠅いものの、それはそれでアリかな、と。
同行の方は太陽の角度まで計算していたとかで。参りましたm(_ _)m

5
デヤ検側運行 7200F/52S 03-121
後続の各停→菊名で接続の特急に乗ると、元住吉で抜いたので自由が丘で再度撮影することに。
・・・とは言ったものの、ド逆光で呆気なく失敗したので後ろを振り向いて超適当にスナップ。
正面ばっかりに陽が当たってハイライトが大変なことになってますが、いずれ消えるかもしれない日比直との離合ってことで・・・

そんなこんなで撤収~。短時間ながらなかなか濃い内容で満足でした!
ご同行された方々、ありがとう&お疲れ様でした~。

|
|

« 【停止精度向上対策】続・6115F【あれからどうなった?】 | トップページ | 狭山線 281F+285F »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【停止精度向上対策】続・6115F【あれからどうなった?】 | トップページ | 狭山線 281F+285F »