« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月29日 (木)

6520列車

京急空港線の"穴守稲荷行き"のように年に一度しか走らないどころか、1日に一回は走ってる、西武有楽町線終電車の"小竹向原行き"。
でもやっぱり「1日一回」、それも深夜となると、必然的に気になってしまうもの。
土休日は6456列車になるんですがね。

1
ふととある方からの問い合わせで気になった、この列車の列車情報装置の表示。
種別と行先が表示されているシロモノなのですが、如何せんLEDで表示しているかつ業務用の装置故、"小竹向原行き"の設定はどのような表示になるのか、気になっていたところ。
"ムカイハラ"なのか、はたまた"コタケ"・・・いやいや、それじゃ短すぎるよね。でもあの表示器って"コタケムカイハラ"の8文字なんて入るっけ?なんて話していたら、表示されていたのは見事に8文字。

その昔は"列選(れっせん)"こと"急緩行列車選別装置"が主要駅に設置してあったため、車両側には列車番号のみが表示される、いわゆる"列車番号表示器"が搭載してありました。
いつ頃かは失念しましたが、列選は撤去、より情報を集約した"列車情報装置"が新たに導入され、今に至ります。

聞いた話によれば、当初は7文字しか表示出来なかったとのこと。
地味なのに重要な装置。こんなところでもちょっとずつ進化してるのかもしれません。

| | コメント (0)
|

2012年3月 8日 (木)

本社最寄りのターミナル駅として

池袋線の急行停車駅。
石神井公園も高架化して事実上リニューアル、ひばりヶ丘も改修済み、モダンな綺麗な駅。
次は所沢・・・今もなお、昔の面影を残す雰囲気。そんなイメージも払拭されました。

1
数年前から本格的に着手している、所沢駅改良工事の進展(西武ニュースリリースへ・PDF注意)に伴い、新橋上駅舎の供用が開始されました。
もっとも供用開始はまだ西口側のみで、東口側は未だ施工中。2013年春に全ての工事が完成して屋上庭園まで整備されるとのことで、東横線乗り入れもそのタイミングなのかな、なんて勝手に想像していたり・・・
階段も植物が飾られ、綺麗かつ賑やかになりました。

3
なかなかセンス良くまとめられている精算機エリア。今回の橋上駅舎、切符売り場や未オープンの特急券・定期券売り場などの表示が全てこの表示形式で揃えられているのが特徴と言ったところでしょうか。
埋め込み型ゴミ箱なんかも見栄えがなかなか良くてお気に入り。
精算機が一台しか無いのはご愛嬌・・・?^^;

4
そして目新しいのがこちら。タイルに各方面・番線への案内がピクトグラムと共に埋め込まれている点。
PDFには記載されていないながらも、なかなか面白いアイデア。(西武)新宿と池袋は確かに同じ都会方面だし、秩父は山方面、本川越は・・・まんま川越のイメージ。
ラッシュ時にこんなもの見る人が居るとはとても思えないので、役立つのは昼間の閑散時間帯でしょうか。お年寄りの方などには優しい設備かな、と。

5
工事中の期間限定でしょうか。所沢駅の移り変わりと、同駅を通った車両のミニ写真展が行われていました。
これがまた結構見物で、大井川鉄道譲渡の571系を牽引しているE71形電気機関車や、直通していた営団(現:東京メトロ)07系の写真まであったりします。

1_2
そして何よりも一番目新しい設備がこれ、西武初のLCD式発車案内表示器。
いくら東横線直通が控えているとは言えど、まさかここまで導入してしまうとは・・・
池袋も西武新宿もすっ飛ばして真っ先に所沢に導入ってのもまた意外と言うか・・・


恐らく試験的な意味も兼ねているんでしょうが、これはなかなか感動モノ。
関西や中部では近鉄やら名鉄が液晶で次列車の案内表示を結構前からしていますが、関東ではあまりメジャーでは無いだけに、感動する声も多々入っていたり^^;

時間が前後しますが、これを見に行く前に狭山線にも行ってきました。1
急行 3015F"L-Train"(池袋側/"早稲田予備校"ラッピング)
時間が半端なもんで、頻繁に来る池袋線サイドから。
3015号車側は確か芝桜臨の時に撮った覚えがあるものの、地味に3016号車側を撮るのは初めてかもしれません。
そしてまた早稲田予備校のラッピングが・・・流石にポップ体ででかでかと"ワセヨビ"では無くなっているみたいで。。

2
やっと来たー。センス無いなぁ・・・

3
発車。
響く内扇モーター、今度は西所沢→西武球場前まで乗りとおしてみたいもの。
願わくば、[西所沢⇔西武球場前]表示を見たいところだけども、なかなかそうはいかなさそうでして・・・271F+281Fとかの面白そうな組み合わせも見てみたいかもなぁ。。

動画も録りましたが、主に説明文が間に合ってない故、うp次第ここに貼ります。
それでは~。

| | コメント (0)
|

2012年3月 6日 (火)

狭山線 281F+285F

2501Fと2503Fが池袋線に転属して以来、すっかり運用に入ったり入らなくなってしまった1241Fと、東日本大震災の直前に新宿線から転属してきた281Fと285F。
どの編成も非ワンマン。前者は秩父鉄道乗り入れ車の象徴である茶色吊革が、後者はかの有名なST式ドアエンジン、STK-4Dを未だに使用している、比較的原形を保つ編成。

ここ数日間、263Fの検査が重なり、2501Fが20156F(2011年12月24日に発生した東村山駅構内での脱線事故の当該編成)の牽引を行った(SSK's BLUE Rail Logさんへ)ためか、1241Fと281F+285Fが元気に狭山線ピストン運用に就いています。
個人的な事情で来年度はあまり出掛けることも出来無さそうなこともあり、記録出来るうちに記録しておくことに越したことは無いので、ちゃちゃっと行ってきました。

1_2
285F+281F 狭山線ピストン運用
昔からお馴染み、線内ピストン。
晴れると影が落ちてしまうことをすっかり失念していた上、お尻に架線柱を引っ掛けるという失態。
副都心開業の2008/6/14改正で池袋からの直通電車が入るようになり、[西所沢⇔西武球場前]の表示が見納めになったと記憶しています。両矢印表示がなかなかツボで好きなんだけどなぁ・・・

折り返しの停車時間も長そうで短いので、早速撮影開始。今回はスナップ中心にしました。

2_2


3_2


4_2
追われるものと追うもの。
反対側のホームから撮れば車体越しに撮れたんでしょうが、なにぶん突然来たもので・・・^^;
手で必死に反射を抑えたものの、結局映り込んでしまい。。
twitterのフォロワーさんのおかげで気付いた話、あまり運転台を記録してなかったなと。まだ少し余裕と時間はあるので、なるべく撮りもらしの無いようにしたいものです。

5_2
281F+285F 狭山線ピストン運用
発車は例によって反対側で。こっちも影の落ち具合がもう・・・
せめて一両目を影に引っ掛けないようにするべく、なるべく引っ張ってみれば今度は跨線橋の支柱に引っ掛かる最後尾。
かなり感覚が鈍っていると言いますか、日々精進あるのみ。

発車後に飯能から来た快速渋谷行きでそそくさと撤収。とりあえずは大方想像していたスナップが撮れたから良いかな、と。
・・・曇りの日にリベンジにでも行くかなぁ。

では~。

| | コメント (0)
|

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »