« 久里浜公開2013(おまけ編) | トップページ | 武蔵丘2013 »

2013年6月 2日 (日)

205と205と205、ときどき183と70-000

JRカテゴリーも2年半ぶりになるでしょうか。
重い腰をやっとこさっとこ上げて、池袋の気になっていたポイントへ。

ただただ、「いつもの埼京線」をひたすらひたすら。

1
ハエ13編成

2
ハエ19編成

3
突如試運転で来たH81編成。
尻が切れないようにやら頭に架線柱が刺さらないようにと焦っていたらこんなことに・・・

4
ハエ30編成。
山手からの転属車も未だに現役。
肝心のハエ31はなぜか2往復共に被られるという運のなさ。

5
東臨8編成
大崎開業の増備車ですな。

6
ハエ14編成
足がしびれてきたのでハイアンで。

7
東臨2編成
一方こちらは開業当初に製造された車両を含む編成。
昔は東臨70-000が来ると喜んだもんです・・・

8
ハエ25編成

足の痺れが回復したので
9
(ノ)・ω・(ヾ)(ノ)・ω・(ヾ) → *。+ヽ(・ω・)ノ+。* *。+ヽ(・ω・)ノ+。* もとどおり☆(ぁ
ハエ7編成 
実は数少ない総武線からの転属組。

10_3
これまた偶然、H102編成による修学旅行。
日光からのお帰りだったようで。8連より10連の方が撮りやすいですな。

11
ハエ4編成

12_2
ハエ28編成
山手からの転属組(2)。
ハエ31を除き、山手転属組全ての編成は6扉車を連結していないので、ぱっと見での判別も出来るのですっ

13
ハエ19編成(2)


お楽しみ頂けたでしょうか(棒
ざっと2時間は張りましたが、被り率はそこまで高いわけでもなく。池袋~新宿という最多運行本数区間の中にしては上々と言えるでしょう。信号がちょっとうるさいですが・・・

埼京線は思い入れがあるだけに、出来る限り記録しておきたいものです。

|
|

« 久里浜公開2013(おまけ編) | トップページ | 武蔵丘2013 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久里浜公開2013(おまけ編) | トップページ | 武蔵丘2013 »