« NEWマウス | トップページ | 行ったぜ、東北・北海道(その1) »

2013年8月 1日 (木)

【新101】TNカプラー化【旧101】

KATOの西武新101発売時からよく言われていること。「TNカプラー取り付けは床下の加工が必要」・・・
まぁ割と面倒なことです。が、旧101発売時に製品に取り付けられた"保護板と乗務員ハシゴ"のパーツを見て、あぁこれはTN化したらお手軽加工でリアルになるな、と。
RM MODELSに載っていた記事を参考にやってみました。

2
西武マニアにとっては嬉しいパーツを切りだし。
保護板からハシゴにかけて、なるべくモールドに沿って薄くするのがポイント。ただしあまりやりすぎると割れてお亡くなりになるのでご注意を。

3
TNカプラーもちょいちょい切り出していきます。
左右の凸にあたる部分ですが、連結器本体寄りでカットすると今度はTNカプラーの首振り動作に支障が出てくるので、なるべくギリギリの位置でスライスするようにカットするのが良いでしょう。

4
これは新101ですが、前面の床下はこんな具合に。
TNカプラーの土台部分と同じ形に切り出し、すっぽりハマるようにします。保護板とハシゴのパーツは左右にそれぞれ接着。

5
旧101の場合、運転台ユニットに接着する形になるのでこんな感じになります。
写真の時はまだでしたが、この後プラ板を少々噛ませて高さを調節しました。
同車はライトのプリズムが露出しているので、TNカプラーの土台より大きく床下を切り出すと、ライトを点灯させた際に検測車よろしく線路を照らすことになります。

6
更に更に旧101は台車が前に寄りやがっている(上に車体の長さまで新101と違う)ため、TNカプラーを固定した際に台車のネジを少し緩めてやらないとカーブ走行時に支障が生じます。
台車を緩める他に何か方法があれば良いんですが、とりあえずこれ以外思いつかなかったので・・・

7
細かな作業ですが、連結してみたときの感じはご覧の通り。10年近く前の懐かしい記憶が蘇ります。
別にKATOカプラーのままでも良かったんですがね・・・

加工が大変面倒くさいったらありゃしないたm(ry 予算の関係上、今回は新101の非パンタ側と旧101の全先頭車、計5箇所に加工。どうせ前パン側には連結しませんし。(ぉ



模型ネタも良いですが、そろそろ実車の撮影に行きたい今日この頃。

|
|

« NEWマウス | トップページ | 行ったぜ、東北・北海道(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NEWマウス | トップページ | 行ったぜ、東北・北海道(その1) »