« 205と205と205、ときどきE233と70-000 | トップページ | 流鉄なパンタグラフのおはなし »

2013年9月10日 (火)

旧幕な2011F

「2011Fが大変なことになってる」
いつのことだか、295Fの行先が旧白幕化した時もこのような盛り上がりだったことを覚えてます。当時はTwitterなどのソーシャルメディアも大して発達してなく、知ったのはどこかの掲示板でしたでしょうか。
検査出場で"幕化"された2403F・2009Fなどでちょっと盛り上がった西武2000に、突如旧幕で現れた2011F。幕の破損でしょうか、恐らく一時的なものだと思われます。

単独6連、国分寺線で2日走ったのち、南入曽に入庫。萩山併合も無くなった今、もしやもしやと思っていると・・・?
2
2011F+2525F 急行
見事にやってくれました南入曽の車両係さん。
新宿方に6連、紛れもなく旧幕。欲を言うと新幕が目立たない準急がベストなものの、優等10連での嬉しい一枚には変わりなく。

3_2
折り返しはすぐに来るので、駅の懐かしい看板と共に。
こんな案内板が都内の駅に残っているとは全く知りませんでした。構図に迷いましたが、そこそこ良い雰囲気ではないかな、と。

4
3003F 各停
帰り際、偶然にも撮れるタイミングだったのでサクッと大泉学園で。
周辺がかなりうるさいのは百も承知、下り線高架化までの限定アングル。

3000系、入間川から見上げる構図でも撮影しておきたいものです。

|
|

« 205と205と205、ときどきE233と70-000 | トップページ | 流鉄なパンタグラフのおはなし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 205と205と205、ときどきE233と70-000 | トップページ | 流鉄なパンタグラフのおはなし »