« カシオペアクルーズ2013秋 | トップページ | 久々京急 »

2013年10月 7日 (月)

さらば3003F

衝撃の退役発表から、2週間ちょい。
その日はあっという間にやってきました。

4日の運用のあと、5日は小手指で終日おねんね。
夕方にカバー付きのヘッドマークを取り付けたとの情報はあったものの、もしかしたら急行奥武蔵だったりするのかなー、なんて思いつつ。

当日は予め撮る場所をがっつり決めていたものの、連日の寝不足でまさかの寝坊・・・
1
3003F "3003F Forever"ヘッドマーク付 回送
完全オリジナルのヘッドマークに驚いたことは言うまでもありません。
101系でどうしてこれができなかったのかと少々疑念すら浮かびますが、茶色地に金色の豪華なデザイン。
種別窓が黒ずんでいるのは各停運用が主役だった動かぬ証拠、京急800と同じような何かを感じます。

2
先回りして飯能へ。
山を下ってきた営業列車4両と、武蔵丘から回送されてきた4両が連結する運用は初めて見ました。

そして本運転。こちらも行きたい撮影地があったものの、諸事情でこちらへ。
3
3003F "3003F Forever"ヘッドマーク付 臨時快急
二度と戻ることの無い線路を行く。
草が茂っていて、構図にはかなり苦労しました。右側の草木はなんとしても車体に掛けたくなかったというこだわり。
兎にも角にも山線で撮っておきたかったので、これはこれでありでしょうか。1両目くらい架線柱を避けたかったのですが・・・

気を取り直して横瀬の会場へ。

4
クハ1224号車
程良い雲が気持ちいい、今日のお気に入りの一枚。
相変わらずの多摩川線ワンマン仕様のままでしたが、どうやらこれで復元は完了した、ということになっているそうです。せめて幕を[さよなら101系]にでもして、ヘッドマークでも取り付けてくれれば、と思うばかり。

本日の主役は、
5
3003F "3003F Forever"ヘッドマーク付
横瀬の恒例パターン、電源非投入状態でした。毎年のことですが、電源を入れられない事情が何かしらあるんでしょう。
パンタが上がっているのが唯一の救い。前照灯さえ点けてくれれば・・・
電源が入っていないので、もちろん幕回しは無し。閉場間際のセレモニーで[急行池袋]、その後の入換時に[準急豊島園]と回したそうですが。

7
(左から)10107F/1010*F/10102F/2091F
みんな大好きレッドアロー。3003Fよりカメラを向ける人が多いことさえありました。
4並びは散々出回ってますので、雰囲気重視でこちらをば。

8_2
西武では珍しい、前面切り抜き車番。
途中から晴れてきた空が綺麗に反射していました。
よく見ると、車番右横下あたりに痛々しい膨らみがあります。。

消えるものあれば現れるものあり。
横瀬は昼過ぎに撤収、30101F甲種の午後便を狙いに西所沢へ。
9
263F+30101F(30601-30701-30801-30901-30001) 回送
朝からの疲れもあって、さすがに沿線に行く気にはなれませんでした。
西所沢のこの微妙なカーブ、好きな構図ではあるんですが、如何せん背後の架線柱と電柱が気になるところ・・・

朝は深い霧、途中から曇時々晴れ、午後から晴れという、なんとも妙な天気の一日。
いよいよ出てしまった編成単位での廃車。転用計画は今のところ無いとかで、これからもじわりじわりと進んでいくことでしょう。

残るは8連6本と6連2本の計60両。

|
|

« カシオペアクルーズ2013秋 | トップページ | 久々京急 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カシオペアクルーズ2013秋 | トップページ | 久々京急 »