« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月20日 (木)

弾丸大阪旅行2014

平日のど真ん中に自分としては珍しく(?)大阪旅行へ。
往復ヒコーキのなんともリッチな行程。しかし大阪線は短いですね、ちょっと飛んだらすぐ着いちゃう・・・

と、その前に。
1_hzhm1c_2
サウジアラビア王国政府/Boeing 747SP-68/HZ-HM1C
いらっしゃいませ石油王国の皇太子さま。
羽田にB747SPってだけでお祭りなのに・・・あれあれ、なんか横にもいますよ?

2_saudi_2
(専用機のみ左から)サウジアラビア王国政府/Boeing 777-200/HZ-AKF・同/A340-200/HZ-HMS2
驚くべきことに2機(更に随行機としてB737が2機もいたとか)も副務機を引き連れてのご来日。何もただでさえ高い羽田のスポットを3つも4つも使わなくても・・・
まあそこは石油王国の皇太子殿下、いろいろと事情があるんでしょう。
(2/24追記:なんと、羽田にB747SPとA340を放っぽっておいてモルジブへ渡航されたそうです。いつまで羽田にいるんだろう・・・?)

あいにく出発前で時間が無かったのでサッと撮って撤収。

JA010Dで飛んで、コマル乗って、うどん食べて、グダついて、コマルと阪急に乗って・・・
3_6353
嵐山に着いたのは暗くなってから。嵐山線完乗!
本来は明るいうちに来たかったものの、いざ着いてみるとホームで情緒ある行灯と駅名標が迎えてくれまして。これはこれで味のある写真が撮れたからよしとしましょう。

この後更に嵐電と京都市営地下鉄、京阪を乗り継いで戻りましたとさ。
京阪は実に5年ぶりに乗りましたが、丸型急行灯を点灯させた2600がなんともカッコいい。

日は変わって翌日、阪急梅田。
4_7003_2
神戸線ホームの8号線にある、新聞原稿ポスト。
調べてみると京都線と宝塚線にもそれぞれ一か所ずつあるそう。その昔、大阪の編集部に新聞の原稿を届けられるために使われたものが、時代の変化とともに使われなくなり、今でもそのまま残っているもの。
最後に活躍したのは阪神淡路大震災のときだとか・・・

この日一番の目的は伊丹線の板車。
5_3077
普通13024 C#3077×4
念願叶って、伊丹線完乗と同時に記録・・・!
上旬にC#3160×4が廃車となり、正真正銘最後の板車。神戸・宝塚線各1本ずつの1000系が営業開始して分かり切っていた結末。余命もそんなに長くないことでしょう。
(2/25追記:2月24日、正雀へと廃車回送されたそうです。特に目立ったイベントもない静かな引退でしたが、阪急の歴史に大きな節目を残したことは言うまでもありません。)

今度は西宮北口経由、今津線で宝塚に回り、宝塚線で蛍池へ。大阪モノレールで伊丹空港に逃げ。
6_8980
帰りは運よくクラスJに搭乗、っと。JA8980、未だにサンアークのoneworld塗装を維持する機体でした。
1000系デビューと西山天王山駅開業のHMを撮れなかったのが残念でしたが、何より阪急に乗れて板車が撮れたのでそれなりに満足。
久々の阪急充はいいもんです(

では。

| | コメント (0)
|

2014年2月15日 (土)

大雪の翌日

1_kiyosehikiage
関東全域にドカ雪が降った次の日。
夜になるにつれて雪は一層激しくなり、ポイント不転換や線路埋没をはじめとするトラブルが続出。ダイヤは乱れに乱れ、翌朝の初電車にすら間に合わない路線が大多数を占めました。

更に追いうちをかけるように東急東横線元住吉では追突事故が発生。
ぐんにゃり曲がって喰い込んでいる車端部の写真を見て、しばらく体の震えが止まらなかったことは言うまでもありません。怪我人が少なかったことが不幸中の幸いと言ったところでしょうか。

西武も初電車に間に合わなかった路線の一つ。
車両基地に通じるポイントが凍結、入出庫ができなかった影響で朝からダイヤは混乱。
特に池袋線は終日各駅停車のみ、午前中は池袋~小手指、午後から池袋~飯能・豊島園間の臨時ダイヤで運転されました。
多くの車両が車庫から出庫できない状況が発生したため、前日の終電車近くに動いていた電車をそのまま動かす形で運行。列車番号も途中から3ケタに振りかえられ、10両だろうが他社の車両だろうがすべて地上池袋発着の列車に充当するという異例の対応となりました。
2_9102
各停8** 9102F
雪掻き帰りに軽く記録。
下り方面はあっても、定期運用ではまずありえない10両固定車の各停池袋行き。
久々に使った100-300に大苦戦したのは秘密・・・

3_6103
各停8** 6103F/各停8** 9105F
東長崎へ移動。
池袋口で10連各停が運用されるのは初めてのことになります。
「緊急時の降車用」の名目で延伸された桜台~椎名町の10両対応ホームですが、まさかこんな形で使われることになろうとは・・・

4_34k_5154
各停8**(前日34K)  5154F
前日に34Kとして動いていた東急5154Fはそのまま西武線内に閉じ込め。数少ない8連の一本として動いていました。
この日は他にメトロ10107Fが動いていたものの、こちらも運番が前日そのまま(?)で16M(運変)の表示をしていました。もっとも、はっきりとした理由と記録が無いので何とも言えませんが・・・

5_9108

6_9108
各停8** 9108F
割と注目していたのが9108F。
驚きを隠せなかった戸袋窓閉鎖もかなりのハイペースで進み、気付けば未閉鎖の9000系は9108F一本のみ。
6151Fも始まっていることから、6000系列全車にも普及しそうですね・・・一応全編成撮ってありますが、少し気にしておく必要がありそうで。。

それでは。
被害遭われた方々の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

| | コメント (0)
|

2014年2月14日 (金)

雪の日 Part2

まさかこんなに降るとは思わなかった、2週連続の大雪。
朝から撮影にでも行けば良いものを、また中途半端な時間からちょこっとだけ。
1_34k_5164
A1734K/各停6614? 5164F
先週とは違い、直通はまだ生きてました。
東急5000系列のHIDライトは直進性がなかなかすごい。

2_20152
各停5614? 20152F
しんしんと降る雪の中、石神井始発の各停が。
ダイヤも池袋線は快急と特急が運休の他は遅れが中心で、夕方まではさほど乱れていませんでした。

移動して練馬高野台へ。
3_14m_6104
B1614M/快速3701 6104F

4_9107
準急4219 9107F
下り優等を流しで撮るならここかなーと思えば大当たり。
全体的に見ても6000と9000はよく雪をかき回すイメージが。通過後の雪煙がすごいのですよ・・・

5_30101
快速3101 30101F
今日の目的。なかなか乗れない30101F。
ハイビームでしたが、雪の反射はそれ相応。激しい雪の中を駆け抜けるイメージには仕上がったと思います。
この時点でこの快速、石神井到着は20分延でした。ここから雪はますます激しくなり、直通先では事故が起きるとは想像もせず・・・

「先週よりも弱い」なる予報はどこへやら、明らかに先週よりも降られたのは周知の通り。首都圏だけでなく、地球が悲鳴を上げてるのでしょうか。正直ここまでドカドカ降られるのはもう勘弁、というのが本音でした。。


では。

| | コメント (0)
|

2014年2月 9日 (日)

雪晴れの日

45年ぶりの大雪が降った翌日は、さながら台風一過の雪晴れ。
午前中は雪かきに駆り出されたので、午後からサクっと小手指へ。

1_91053010132106
(左から)9105F 30101F 32106F
思った通り、末端部分には綺麗に埋もれた線路。
本当は凸凹すら目立たないほどのものを期待したものの、そこまで降らなかったのか融けちゃったのか。
30101Fだけ少し前に出た形での留置でした、9105Fと32106Fは揃っていて撮影会のよう。

3_32106
相棒の38114Fに逃げられた32106Fをアップで。
奥にはメトロ10000、2000の2連、東急5050に20000とクラシック10105Fと、遠目に見れば6000のアルミ車がちらり。これだから車両基地は面白い。
隣の線路含め、一度車両を走らせて除雪した雰囲気ですね。

4_2459
変わって本線側。2459Fがぽつんとただ1編成。
動いてナンボの鉄道車両が、雪に包まれて静かに眠る。丸みのあるデザインの新2000がどこか寂しげにも見えるような。

5_6103
雪はときに面白い光線を作り出してくれます。
まっさらなものも美しければ、少し荒れたボコボコしたものもまた然り。
撮影中にゆっくりゆっくり動きだした6103F、懸命の除雪作業でした。

しばらく大丈夫だろうと思っていましたが、雪との絡みは撮れて明日まで・・・?
では。

| | コメント (0)
|

2014年2月 8日 (土)

雪の日

去年の成人の日の雪でも十分驚きなのに、それが今年は20年に一度の降雪予報。更に降っている間に45年に一度の大雪に引き上げられ・・・
首都圏のJR線は軒並み運転見合わせが相次ぐとんでもない雪の日。たとえ遅れていようと意地でも走らせているのが西武でした。

そんな日となれば大人しくしていれば良いものの、撮影欲が出てくるのが撮り鉄の宿命。
1_3011_2
列番不明 各停 3011F
特急と快急運転取りやめも相まって、ダイヤは午後早めから既にぐちゃぐちゃ。
車体下にできたつららが雪の激しさを物語っています。こんな姿初めて見た・・・

雪にも負けじと勇敢に沿線へ。

2_2063_2
列番不明 各停 2063F
お雪うぼあーwww
保谷にでも留置されていたんでしょうか、積もった雪が飛ばされて車体が・・・

3_61s_10124_2
61S各停 10124F
驚くべきことに13時過ぎの時点で地下直は切っていませんでした。有直は小手指または保谷までの運転と、かなり頑張っている印象ですね。
東急/横高車が来ない来ないと一時騒いでいましたが、それも至極当然。副直は石神井公園折り返し・・・(´Д`)
この後16時頃に副直は打ち切り、夜になって有直も切られたそう。

4_3011_2
列番不明 3011F 各停
お目当ての3011Fの折り返しも無事に回収。
この雪との風景も、来年は見れるのかはたまた。池袋線最後の3ドア8両と言われるとはたと気付く、一気に4編成も廃車になったという事実。

6_2083_2
列番不明 各停 2083F
2000の未更新FC-LED編成と雪の組み合わせ。新宿線では何度かあったものの、池袋線ではお初でしょう。
あれ、何気にFC-LEDになった2083F撮ったのはこれが初めてかも・・・?


かれこれ1時間半ほどいましたが、タオルやカバンに雪が積もるわ積もるわ。
凍えそうになりながらそそくさと撤収しました。寒冷地訓練にはなったかな(ぉ

| | コメント (0)
|

2014年2月 1日 (土)

10th Anniversary!

1_mm03
2004年2月1日。
"みなとみらい線"という、どうも聞いただけでわくわくするような名称の鉄道が開業、東急東横線と直通運転を開始しました。
当時はもっぱら東急8000系と9000系がメイン、8590系と横浜高速Y500系がちょこちょこ来る、と言った感じでした。5050系やら、それこそ西武車なんてものは影も形もありません。5050は影くらいならあったかな・・・

2_51k_41101
51K 4110F
開業当時に走っていた車両は、今となってはY500系一形式のみ。
10年後、鮮やかな黄色のラッピングを施した10両の電車が走るようになってたと誰が想像したでしょうか。

3_06k_y511
06K Y511F
未だにその大胆なデザインとグラデーションが目立つY500系。
10周年を記念して、Y511FとY512Fにはヘッドマークが取り付けられました。本当はみなとみらい線内で撮りたかったものの、時間的都合で渋谷で。3番線進入で助かった。。

どうにも心残りのある記録が多かったので、またリベンジしに行きます。たぶん・・・
これ書いてる途中で大師線のHMを撮り忘れていることに気付いたんですよ。ヤバいヤバい。

| | コメント (0)
|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »